アメリカ事前渡航認証システムESTA(エスタ)のご案内~アメリカへご出発されるお客様はご覧下さい

2016.04.05

毎度 ASKトラベル(株式会社エーエスケーインターナショナル 旅行事業部)をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
さて、アメリカ事前渡航認証システムESTA(エスタ)などのご案内をいたします。
なお、情報は予告なく変更となる場合がございます。最新情報はアメリカ合衆国からの情報を優先いたします。

 

2009年1月12日以降、日本国籍の方などアメリカのビザ免除プログラムを利用して、
航空機または船でアメリカに渡航するすべての渡航者は、
事前に電子渡航認証システム ESTA(Electronic System for Travel Authorization)で、
電子渡航認証の取得が義務付けられることになりました。

アメリカに入国されるお客様はESTA(エスタ)のご取得をお願い致します。
ESTA申請の公式ページである直接アメリカ国土安全保障省のサイト(日本語)より
お申込みの場合は お一人様14ドルでご取得できます。(クレジットカード払い)

アメリカ国土安全保障省のサイト(日本語)
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1

 

■2016年4月05日 査証免除プログラムのパスポート要件が変更となりました。
Eパスポート(ICチップの入った旅券)の所持が条件となりましたので、
ICチップの入っていない機械読取式などのパスポートの方はEパスポートをご取得下さい。

■2016年1月21日 米国はビザ免除プログラムの改訂及びテロリスト渡航防止法の施行を開始しました。
下記に該当する渡航者はビザ免除プログラムを利用して渡航することはできません。
(抜粋)
イラン、イラク、スーダンまたはシリアのいずれかの国籍を有する二重国籍者と、
2011年3月1日以降にイラン・イラク・スーダン、シリア、2016年2月22日付けの追加として
リビア、ソマリア、イエメンの7カ国に渡航または滞在したことがある方は、
ビザ免除プログラム利用対象外となります。
また、ビザ免除プログラムを利用して渡米ができない通知を受け取った場合、
希望する渡米日の少なくとも3カ月前に非移民ビザの申請を行ってください。
詳細は米国大使館ホームページでご確認下さい

 

●子どもの米国入国時の留意事項
米国税関国境警備局は,19歳未満の子どもが一方の親又は親以外の方(又は法定代理人以外の方)に同伴されて米国に入国しようとする場合,米国に入国する際の入国審査において,同伴していない親(又は法定代理人)からの当該子どもの旅行に対する「同意書」を携行することを強く推奨しています(「同意書」を携行していないことのみを理由に入国を拒否されるものではありません。米国税関国境警備局のホームページ(https://help.cbp.gov/app/answers/detail/a_id/268/kw/travel )(英語)ご参照下さい)

 

=>その他、事前渡航認証システムのある代表国

オーストラリア ETAS(イータス)
https://www.eta.immi.gov.au/ETAS3/etas?locale=ja

2016年3月15日以降カナダ(eTA) カナダ移民局案内ページ(PDF) http://www.cic.gc.ca/ftp/eta/pdf/factsheet-feuilleinfo/japanese-high.pdf


5つ星もお得!エアー&ホテル

世界各国のホテル検索・予約が可能。24時間、365日、空室のあるホテルがすぐ にわかるオンラインサイト。

アラモレンタカー

ハワイのオススメ!格安レンタカーはアラモレンタカー、安いアラモレンタカーはASKにお任せ!

AIGの海外旅行保険

旅するあなたのパートナー!
AIU旅行保険はAIG旅行保険へ!
出発当日もカード払いで申込みOK!

エイチ・エス損保 海外旅行保険

見知らぬ土地での突然のアクシデント!そんなときに、現地サービスがあなたの心強い味方になります。


海外行くならイモトのWiFi

海外行くならイモトのWiFiがおすすめ!
最短10秒でインターネットにつながる!端末レンタル代無料!定額料金で安心!

海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ

海外旅行準備・持ち物ガイド!初めての
海外旅行に役立つ情報や海外旅行経験者
でも知らない現地特派員情報もご紹介!

外務省海外安全情報

外務省海外安全相談センターによる渡航情報。安全な渡航・滞在のために必要な情報を各国・地域別に掲載。