フィンランド研修旅行記(3)【2日目(1) サンタ・クロースとご挨拶】

2018.03.06

みなさんこんにちは。

2017年にスタッフ伊藤が行ってまいりましたフィンランド研修記第三弾です。

 

☆以下、不定期更新予定です☆(リンクで他の記事に移動できます)
【1日目(1) 出発~ヘルシンキでの乗継】
【1日目(2) ロバニエミ着~初めての白夜体験】
【2日目(1) サンタ・クロースとご挨拶】 今回
【2日目(2) ルカでラフティング&フィンランド式サウナ体験】
【3日目 フィンランドでミニハイキング&シリヤライン乗船体験】
【4・5日目 2度目の!シリヤライン乗船&ヘルシンキ市内観光~帰国】

 

2日目(1) サンタ・クロースとご挨拶】 

 

沈まない太陽がまた大きく上空に上がり、お天気の良い日となりました☀

まずは別棟の朝食会場で朝食をいただき、本当はもっと長くいたかったLAPLAND HOTELS OUNASVAARA CHALETSを後にします。

朝食は北欧らしく、チーズやベリーの種類が豊富でした。パンも多かったですね。

ロシアとの国境近くでフィンランド南東部のカレリア地方というところで有名な、カレリアパイもいただきました!😄

 

一行はサンタクロース村に向かいます。

先ずはホテルの視察からスタート。オーロラ鑑賞に大人気のガラス・イグルーです!

サンタクロース村の近くにある、「Santa’s Igloos Arctic Circle(サンタズイグルー アークティックサークル)」という宿泊施設。ちなみにこの「Santa’s Hotels」はフィンランドのホテルチェーンで、この宿泊施設やロバニエミ市内のほか、サーリセルカやルオストにもホテルがあります。(全部のホテルがガラスイグルーということではありません)

こんなかんじで建物が並んでいます。天井がガラス張りになっているので、寝ながら空を眺めることができます。

これでオーロラが鑑賞できたら、最高ですよね。

 

お部屋のようす。

内装も北欧らしいデザインで、おしゃれです。ラップランドのあたたかみが感じられます。

スタンダードとスーペリアのイグルーがあり、最大5名まで宿泊可能なイグルーもあるので、家族旅行にもおすすめです。

スーペリアイグルーには2つの種類がありますが、1ベッドルームのスーペリアイグルーはサウナに繋がっています。

 

ここで小ネタ。

 

ロバニエミの町って、上空から見ると

こんなかんじでトナカイの顔をしているのです。

面白い!お見事ですね。

また、ここでは野生のトナカイはいないんだそう。

ラップランドに住むサーミ族には、飼っているトナカイの数を聞くのはタブーなんだそうです。ちゃんと理由もありますよ。

 

 

 

Santa’s Igloos Arctic Circleにご滞在をご希望の方は、当社へお気軽にお問合せください!!!😁

Santa’s Igloos Arctic Circle

http://www.santashotels.fi/en/hotels/igloos-arctic-circle

 

さて、ホテル視察を終えたあとは、私を含め一行が大変楽しみにしておりました、サンタクロース村(SANTA CLAUS VILLAGE)で

 のお時間です!

 

この「SANTA CLAUS OFFICE」にサンタ・クロースがいます。

中に入って、結構な距離を歩いた気がします。遊園地のように、並ぶためのキューですね。冬は特に混雑し、1時間半~2時間は並ぶとか・・・

そのため、  がおすすめです。オーロラは秋でも見えるんです!

 

 

 

 

さていよいよご対面・・・(お邪魔しま~す)

 

 

はあぁぁぁ・・・もはや涙がこみ上げてきそうな感動の瞬間。あたたかい眼差しで私たちのことを迎えてくださいました。

この写真では写っていませんが、かわいい靴下というか靴を履いており、可愛いさ満点です。

簡単な挨拶をしましたが、大好きな有名人に会うような気持ちで完全に緊張していたため、どんな挨拶をしたかあまり覚えていません・・(私のバカっ・・・)

一行でサンタさんと簡単な挨拶をしたあと、記念写真をパチリ。記念写真は、WEB上でダウンロードできます!

※今回は研修旅行のため特別に個人カメラで撮影をさせていただきましたが、個人のカメラでは撮影はできません。

サンタさんも日本からのお友達を待っています。ぜひ皆さんも遊びに行ってみてください♪

 

サンタクロースオフィスを後にした一行。そうそう、前回の旅行記で北極圏に入る体験は次の記事で書きますなんてことを言っておりましたが、それがここで体験できます。

(北極線を越えることはもちろん北緯66度33分線を超えればサンタクロース村である必要はありませんが、果たしてどこが北緯66度33分線なのかなんて、普通わからないですものね)

こんなかんじで、地面の「ARCTIC CIRCLE」と書いてある白い線、これが北極線の位置です。

この線をまたいだようすの記念写真が楽しくておすすめです。私たちもやりました。(下の写真じゃないですよ)

よいしょっと。

 

そしてサンタクロース村内のもう一つのおすすめスポットとして、郵便局があります。

SANTA CLAUS MAIN POST OFFICE(サンタクロースポストオフィス)という施設です。

お店の中では、エルフ(妖精)がサンタさんのお手伝いをしています。

 

 

左の紙に必要事項を書いてこの郵便局に出すと、

なんとクリスマスの時期にサンタクロースからのお手紙が届くのです!!

一通、2017年6月の時点では7.90€必要ですが、

宛先はどこにしても良いので、自分のみならず、

お友達やお子様へのサプライズにもできます。

この郵便局内の黒板に書いてあったのが、

(多分、今のところ)サンタさんは199の国から約1800万通の手紙を受け取っているそうです。

クリスマスの時期には、毎日約32,000通のお手紙が届くそうです。

ものすごい数ですね・・・・

 

 

 

 

SANTA CLAUS VILLAGE (サンタクロース村)

www.santaclausvillage.info

 

ロバニエミにご旅行をご検討のお客様は、ぜひ当社エーエスケーインターナショナルへお問合せください!

 

この日は車で2時間半ほど離れた違う地域に移動するため、早くもロバニエミとお別れです。

2時間半車に揺られたあとの予定は・・・なんとラフティング!

 

~つづく~

ASK伊藤

※写真の無断転載は、ご遠慮ください。

◎ASKのフィンランドツアーはこちら