スウェーデンのランプシェードと雑貨ショップ「シェーナ」

シンプルで豊かなスウェーデンの雑貨。スウェーデンから直輸入した北欧の一般の家庭の生活を彩る雑貨をご案内

海外おみやげ宅配サービス

旅行前に注文したお土産が、帰国に合わせて宅配される便利なサービス。旅行されなくともギフトやご自宅用など幅広く利用可能。

各国基本情報

デンマーク旅行情報 (2011年12月更新)

パスポート(旅券)とビザ(査証)

チボリガーデンでのコンサート風景

観光目的の場合、シェンゲン協定加盟国内での滞在日数の合計が6ヵ月間で90日以内なら、ビザは不要ありません。
パスポートの残存期間は、デンマークのみに渡航する場合は、帰国時まで有効なもの。他のシェンゲン協定加盟国も訪問する場合は、出国時に3ヵ月以上必要です。
※他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合は、訪問国の残存期間にもご注意ください。

<シェンゲン協定加盟国(2011年2月現在、25カ国)>
アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ

持ち込み制限

アルコールの持ち込み

スピリッツ(酒)1リットル、ワイン2リットル、ビール16リットルのいずれかを免税で持ち込めます。

タバコの持ち込み

紙巻タバコ200本、細巻の葉巻100本、葉巻50本、刻みタバコ250グラムのいずれかを免税で持ち込めます。
※17歳未満の酒類、タバコの持ち込みは禁止されています。

通貨の持ち込み

1万ユーロ相当の通貨まで可能です。(出国時も1万ユーロ相当まで)

その他

原則として、旅行中消費する少量の食料品は持ち込めますが、肉類や食肉製品は禁止されています。
医薬品は、旅行中に使用するものであれば制限はありません。

時差

日本時間よりマイナス8時間。(遅くなります。)サマータイム(夏時間)実施中の時差はマイナス7時間です。グリーンランド南西部との時差はマイナス12時間です。
※サマータイム実施期間は毎年3月最終日曜日〜10月最終日曜日です。

通貨と両替

通貨単位はデンマーク・クローネ(Krone)。複数はクローナー(Kroner)。国際表示における略称はDKKですが、国内ではkrです。補助単位にオーレ(Ore)があり、1DKK=100Ore。紙幣は50、100、200、500、1000DKKの5種類、硬貨は50Ore、1、2、5、10、20DKKの6種類があります。デンマークはEUに加盟していますが、2011年現在、ユーロは導入していません。
※現金における日本円との換算率1DKK=16.5円前後(2011年12月1日現在)
両替は、銀行のほか、空港や市内の両替所などで可能です。銀行の営業時間の目安は月〜水・金曜9:30〜16:00、木曜9:30〜17:30。土・日曜休業。コペンハーゲン・カストラップ空港内にある両替所の営業時間の目安は6:00〜22:00。(2011年現在)

チップ

通常、サービス料は料金に含まれているため、チップを渡す習慣はありません。レストランでサービス料が含まれていない場合は、食事代の10%程度のチップを渡してあげましょう。また、何かを依頼したり、特別に良いサービスを受けたりした場合には、お礼としてチップを渡しても良いでしょう。タクシーでは料金の端数分を繰り上げて支払うことは良くあります。大きな荷物の上げ下ろしを手伝ってもらった時にも、数クローネ渡すことがあります。

言語

公用語はデンマーク語ですが、ほとんどの人が英語も話します。

電圧とプラグ

電圧は220V、50Hz。日本から電気製品を持参する場合は、ACアダプターや充電器の仕様を確認しましょう。最近(2011年12月現在)のデジタルカメラの充電器には変圧機能があるので、変圧器の必要はありません。ただし、古い携帯電話やドライヤーは海外対応でない場合が多いので、変圧器が必要です。可能なら、変圧機能を備えたもの(海外対応のもの)を揃えて持参した方が良いでしょう。
※2005年移行に販売された多くの携帯電話に付属する充電器は、240Vまでの電圧に対応しています。
プラグはB,Cタイプ。日本はAタイプなので、変換プラグが必要となります。

旅行シーズン

ベストシーズンは夏にあたる6〜7月で、平均気温は15〜18℃前後と高くなく、過ごしやすいです。天気が変わりやすいので、雨具と長袖の薄手の上着等が必要になります。冬にあたる11〜3月の平均気温は0〜3℃前後。

交通

飛行機

成田国際空港からスカンジナビア航空(SK)がコペンハーゲンへ直行便を運航しており、所要時間は11時間30分前後。コペンハーゲンの国際空港はカストラップ空港で、市内中心から南東へ約8km、アマー島にあります。
デンマーク国内では、スカンジナビア航空と格安航空会社が、コペンハーゲンと全国10ヵ所を放射状に結んでいます。地方空港はいくつかの町の中間地点に設置されています。

鉄道

鉄道は一部私鉄を除き、デンマーク国鉄Danske Statsbaner(DSB)が運営しています。コペンハーゲンから各主要都市へは、ほぼ1時間毎にインターシティ(IC)が結んでいます。

コペンハーゲン・カストラップ空港からコペンハーゲン市内への移動は、デンマーク国鉄DSB利用でコペンハーゲン中央駅まで3駅15分程度。路線が複数あり、行き先が同じでも中央駅に停車しない列車もあるので注意が必要です。また、地下鉄(Metroselskabet運営)を利用するなら、クリスチャンハウン駅又はコンゲンス・ニュートーゥ駅まで約15分です。
エストーのチケットは地下鉄、市バスと共通。地下鉄はM1とM2の2つの路線があり、チケットはゾーン制で、エストー、市バスと共通。コペンハーゲン・カード(下記参照)があれば、期間内の地下鉄、エストー、市バスが無料です。

バス

国際バス(国際線のバス)では、ヨーロッパ各地を結ぶユーロラインズ(Eurolines)、コペンハーゲンとスウェーデン(ノルウェーへも路線あり)を結ぶスウェブス(Swebus)などがあります。コペンハーゲンでは中央駅の裏側、DGI-byenの横にある Ingerslevsgade に発着所します。
コペンハーゲン市内は市バス(Movia運営)の本数も多く、網の目のように路線が張りめぐらされています。

〜コペンハーゲン・カードとは〜

市内60以上の博物館や美術館などの入場料のほか、コペンハーゲン市内のバスや電車、地下鉄、水上バスなどの交通機関も無料で利用できます。また、レストランやレンタカー、ショップなどの割引もあります。
カードは24時間有効と72時間有効の2種類あり、大人ひとりにつき、10歳未満の子供2人まで無料です。
インターネット、観光案内所、ホテル、旅行代理店、空港、駅などで購入できます。

自転車

コペンハーゲンでは4〜12月(2011年現在)、市内のみで観光目的に利用できる無料自転車(シティバイク)があります。市内100箇所以上に無人ステーション設けられており、コイン投入口に保証金20 DKKを入れて自転車を借ります。使用後にいずれかのステーションに戻すと保証金が返還されます。
http://www.bycyklen.dk/
※利用できる期間は年によって異なります。
※自転車の使用範囲は市内に限られています。市外に持ち出すと1,000DKKの罰金が課せられますのでご注意ください。
※ブレーキは日本と違い、ペダルを逆回しにしてストップさせるフットブレーキです。

コペンハーゲンとノルウェー・オスロを所要約16.5時間、1泊2日で結ぶ豪華客船DFDSシーウェイズがあります。

宿泊

予約

一年中混みあっているコペンハーゲンを除けば、夏季は予約なしでも泊まれる可能性は高いです。ビジネス客が多い秋から春にかけては日本で予約をした方が良いでしょう。多くは宿泊に朝食が付きます。
日本から予約した方が安く泊まることができるので、予約はなるべく日本で済ませることをおすすめします。予約せずに訪れる場合は、観光案内所、または宿泊案内所で有料で紹介を受けることになります。

宿泊施設事情

中級〜上級クラスのホテルが多く、全般的にシンプルな設備のホテルが多い。最近は外観はヨーロピアン風でも内装はスタイリッシュで北欧らしいデザインに改修されているホテルが増えています。サービスの内容や設備の割に料金が高いのが難点。また北欧の生活習慣からバスルームにバスタブ(浴槽)がなくシャワーのみが一般的でホテルにバスタブのある部屋があってもへや数が少なく、期待できない。

デンマークのホテルは公的機関によるクラス分けがありません。日本と同様、料金によって判断します。以下は参考として分けた場合です。

高級ホテル
日本の高級ホテルと同じ程度の設備のホテルは都会に数軒ある程度。設備には申し分はなく、快適に過ごせる。

上級ホテル
ホテル設備は旅行者を満足させるものが多く、ホテルによって内装がまったく異なります。滞在をゆっくりと楽しみある程度のサービスを期待するならこのクラス以上に滞在するのがおすすめ。ただし、アメニティは必用最小限のところが多く、日本のようなサービスは期待しないこと。デザインホテルはこのクラス以上に多くあります。

中級ホテル
このクラス以下のホテルでは、バスタブ(浴槽)付きの部屋がほとんどありません。部屋には、シャワー、トイレ、衣装ダンス、鏡などはありますが、無駄なものは極力省かれています。アメニティも必用最小限となります。
比較的安く滞在したいツーリストやビジネスマンが多くとまります。

クロ Kro
デンマークの伝統的な宿。中世に国王から許可を得て建てたもので、昔ながらの萱葺き屋根のクロもあり、魅力があります。設備はやや落ちますが、雰囲気や料理などの個性が売りです。

エコノミーホテル
駅や港周辺に多くあります。簡素な造りで、トイレ、シャワーは部屋の外の廊下にあるのが通常です。現地の観光案内所で紹介を受ける形で宿泊できます。

ユースホステル
デンマークには約104件(2011年10月付)のユースホステルがあり、I.Y.H.F.国際ユースホステル協会の会員なら年齢を問わず誰でも利用できます。

デンマークの味

特色

酪農はこの国の重要な産業。特に牛肉、豚肉の生産量が多く、消費量も多いです。海に囲まれているので、魚も良く食べます。サーモンやマス、ニシンの酢漬けが一般的です。また、バターやチーズなどの乳製品は必ずといってよいほど食卓に並びます。おかずのほかには各種のポテトとパンがでることが多いです。

名物料理 スモーブロー [smorrebrod]

バター付きのパンという意味のオープンサンドウィッチで、薄く切ったライ麦パンにバターを塗り、スモークサーモン、ゆでた小エビ、ニシンの酢漬けなどの魚介類、レバーペースト、ローストビーフ/ポーク、野菜などをたくさん乗せたもの。ナイフとフォークを使っていただきます。

その他の料理

デンマークの代表的な料理は肉だんご [frikadeller]。ハンバーグのように、豚肉や(子)牛肉の挽肉と玉ねぎのみじん切りなどを合わせて焼いたもので、庶民的な食べ物です。酢漬けのビーツやゆでたジャガイモが添えられています。そのほか、ヒラメのフライ [rodspatte]、バルト海の魚ではボーンホルム島でつくる燻製ニシン [roget sild] が脂がのっていて美味しいです。シーズンにはカキ [osters]、小エビ [rejer]、肉料理では、豚肉のソテー [flask-kotelet]にきゅうりのピクルスを添えたものや、羊肉のロースト [lammesteg]、ベーコンのオムレツ [flaskeaggekage]、豚肉のロースト [flaskesteg]、ビーフステーキのパセリ・バター添え [fransk bof] などが独特です。

チーズ

ブルーチーズ [danablu] をはじめ、ダンボ、マリボーなど、比較的くせのあるものが多いです。

スイーツ

グズベリープディングやアーモンド入りのライスプディングなど。

レストラン

給仕サービスのある店では、食事代の中に25%の税金と15%のサービス料が含まれるので、食事代は日本よりずっとかかります。昼の定食 Dagens Ret で100〜200DKK、本格的レストランでの夕食は2〜3品のコースで250〜400 DKK。安く抑えたい方には、カフェテリアとセルフサービス食堂をおすすめします。さらに節約したい方には、町の広場に出ている屋台でピュルサー [polser] や、ハンバーガー店などのファストフードが手軽です。

ホテルの朝食

ホテルの朝食は、パンやデニッシュペストリー、シリアル、チーズ、ハムあるいはサラミ、そしてジュース、コーヒー、紅茶、ミルクといったものが並ぶビュッフェ式が一般的です。生野菜はほとんどありません

デンマークの飲み物

牛乳

酪農王国なので、美味しい牛乳がいただけます。スーパーマーケットには脂肪分0.5%のものから3.5%のものなど、たくさんの種類が並んでいます。

ビール

デンマーク産のビールは、世界中で飲まれているカールスベア(カールスバーグ、Carlsberg)とツボー(ツボルグ、Tuborg)が、この国の2大銘柄。軽いビールはピルスナー [pilsner]、生ビールはファユル [fadol]、日本のビールと同じくらいの強さのものはエクスポート [export] と呼ばれ、値段は高めです。
地方へ行けば各地に地ビールがあり、ヘルシンオアのBibroe、オーデンセのAlbani、オーフスのCeresなど、色々楽しめます。

ジャガイモを主原料とする蒸留酒のアクァヴィット [akvavit] (別名スナップス [snaps] )と呼ばれる銘酒があります。アルコール度が45度と高いので、小さなグラスでいただきます。代表的なブランドはオールボー [Aalborg]。

お土産

デンマークといえば、王室御用達の陶磁器メーカー「ロイヤル・コペンハーゲン」がなんといっても有名です。同じく王室御用達の銀製品のブランド「ジョージ・ジェンセン」は、ジュエリーやウォッチ、カトラリー(食卓用のナイフ・フォーク・スプーン)など、幅広いアイテムが揃っています。そのほか、日本でもおなじみのブロック玩具「レゴ」もデンマーク生まれで、日本では購入できないものを見つけて、お土産にされてはいかがでしょうか。
また、シンプルで機能的、そして温かみのある北欧デザインは日本でも人気です。ショッピングに出かけて、お気に入りのデザインを探してみませんか?
お店は歩行者天国のストロイエに集まっていますので、買い物がしやすく便利です。

このページのトップへ


24時間オンライン予約 TARGET

世界各国のホテル検索・予約が可能。24時間、365日、空室のあるホテルがすぐ にわかるオンラインサイト。

アラモレンタカー

ハワイのオススメ!格安レンタカーはアラモレンタカー、安いアラモレンタカーはASKにお任せ!

AIUの海外旅行保険

AIU保険会社のサイトへジャンプします。

エイチ・エス損保 海外旅行保険

見知らぬ土地での突然のアクシデント!そんなときに、現地サービスがあなたの心強い味方になります。


海外行くならイモトのWiFi

海外行くならイモトのWiFiがおすすめ!
最短10秒でインターネットにつながる!端末レンタル代無料!定額料金で安心!

海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ

海外旅行準備・持ち物ガイド!初めての
海外旅行に役立つ情報や海外旅行経験者
でも知らない現地特派員情報もご紹介!

外務省海外安全情報

外務省海外安全相談センターによる渡航情報。安全な渡航・滞在のために必要な情報を各国・地域別に掲載。

キャンピングカーで自由気まま旅 inアメリカ

アメリカでキャンピングカーをレンタル モデルプランやお見積りなどレンタル 専門店「エルモンテRV」のご紹介!