スウェーデンのランプシェードと雑貨ショップ「シェーナ」

シンプルで豊かなスウェーデンの雑貨。スウェーデンから直輸入した北欧の一般の家庭の生活を彩る雑貨をご案内

海外おみやげ宅配サービス

旅行前に注文したお土産が、帰国に合わせて宅配される便利なサービス。旅行されなくともギフトやご自宅用など幅広く利用可能。

各国基本情報

アイスランド旅行情報 (2011年12月更新)

パスポート(旅券)とビザ(査証)

観光目的の場合、シェンゲン協定加盟国内での滞在日数の合計が6ヵ月間で90日以内なら、ビザは不要ありません。
パスポートの残存期間は、シェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上必要です。
※他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合は、訪問国の残存期間にもご注意ください。

<シェンゲン協定加盟国(2011年2月現在、25カ国)>
アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ

持ち込み制限

アルコールの持ち込み

蒸留酒1リットルと27%以下のアルコール1リットル、蒸留酒1リットルとビール6リットル、27%以下のアルコール1リットルとビール6リットル、27%以下のアルコール2リットルのいずれか。
持ち出しは、個人で使用する分は可能。(満20歳以上)

タバコの持ち込み

紙巻タバコ200本、又はその他の製品250グラム。(満18歳以上)
持ち出しは、個人で使用する分は可能。

通貨の持ち込み

持ち込み制限はありません。外貨の持ち出し制限は、入国時持ち込み額まで。 現地通貨においてはありません。

その他

麻薬、禁止薬物、未調理および半調理の牛乳・卵・肉製品、鉛および鉛を含む部分でできたおもちゃ、刃が12cm以上の短刀などは持ち込み禁止です。
通信機器、釣り具、火器類、武器、弾薬類、生物・植物、個人での使用目的以外の医薬品等は申告が必要です。
鳥、鳥の卵、巣、指定高山植物と種、歴史・考古学的遺物などの持ち出しには制限があります。

時差

日本時間よりマイナス9時間。(遅くなります。)サマータイム(夏時間)はありません。

通貨と両替

通貨単位はアイスランド・クローナ(Krona)。複数はクローヌル(Kronur)。国際表示における略称はISKですが、国内ではkrです。補助単位にオーラル(Eyrir ※複数はAurar)があり、1 ISK=100オーラル。紙幣は、500、1000、2000、5000 ISK の4種類、硬貨は1、5、10、50、100 ISKの5種類があります。硬貨には海の生き物が描かれています。
※日本円との換算率 1 ISK=0.65円前後(2011年12月現在。現金に両替の場合はプラス手数料がかかります。)
日本国内ではアイスランド・クローナへの両替はできません。ケプラヴィーク空港やレイキャヴィーク市内の銀行、主要ホテルで日本円からの両替が可能です。地方では難しくなります。また、ケプラヴィーク空港到着時に空港内の免税店が利用できるので、その際に日本円で支払いをして、おつりをアイスランド・クローナでもらうという、現地通貨の入手方法もあります。手数料がかからないのでお得です。アイスランドではクレジットカードの通用度が高く、小額でも利用できます。現金のみの利用は市バスなどぐらいなので、両替する金額に注意しましょう。銀行の営業時間の目安は月〜金曜9:15〜16:00、土・日・祝日は休業。

チップ

チップの習慣はなく、基本的には必要ありません。サービス料とVAT(付加価値税)は料金に含まれているのが普通です。

言語

公用語はアイスランド語ですが、多くの人が英語とデンマーク語も話します。

電圧とプラグ

電圧は220V、50Hz。日本から電気製品を持参する場合は、ACアダプターや充電器の仕様を確認しましょう。最近(2011年12月現在)のデジタルカメラの充電器には変圧機能があるので、変圧器の必要はありません。ただし、古い携帯電話やドライヤーは海外対応でない場合が多いので、変圧器が必要です。可能なら、変圧機能を備えたもの(海外対応のもの)を揃えて持参した方が良いでしょう。
※2005年移行に販売された多くの携帯電話に付属する充電器は、240Vまでの電圧に対応しています。
プラグは通常C(C‐2)タイプ。日本はA(A‐2)タイプなので、変換プラグが必要となります。

旅行シーズン

観光のベストシーズンは夏にあたる6月から8月ですが、あまり気温が上がりません。首都レイキャヴィークの平均気温は10℃を超えるか超えないか程度で、最高気温は20℃を下回ります。その後は人気のオーロラ観測シーズン(出現するのは8月下旬から4月中旬頃)になります。冬のレイキャヴィークはマイナス10℃以下になることもありますが、暖流・メキシコ湾流の影響を受けているので、緯度のわりに穏やかな気候です。また、アイスランドは火山が多く、地熱活動が活発なため温泉が豊富。有名なブルーラグーンをはじめとする温泉のほか、温泉/温水プールもたくさんあるので、一年を通して楽しむことができます。

アイスランドの天気は変わりやすいので、脱ぎ着で調節できる重ね着が便利です。
気温に応じて、防水が施されたウィンドブレーカーやダウンジャケットを一番上に着ると良いでしょう。自然の中を観光に行く場合は、路面が凍結していることが多いので、滑りにくい靴を着用しましょう。

交通

飛行機

2011年12月現在、日本からの直行便はありません。一番便利なのは、成田国際空港からスカンジナビア航空(SKでデンマーク・コペンハーゲンに行き、アイスランド航空(FI)に乗り換えて入るルートです。デンマークとアイスランドはともにシェンゲン協定加盟国なので、先に入国するコペンハーゲンで入国審査が終了するため、アイスランド国内へ到着の際に入国審査の必要がありません。成田からコペンハーゲンまでの飛行時間は11時間30分前後。コペンハーゲンからアイスランドの玄関口となるケプラヴィーク国際空港への飛行時間は約3時間です。ほかにも日本からロンドン、ヘルシンキ、オスロ、ストックホルム、フランクフルトなどのヨーロッパ各都市や、北米などを経由して行くこともできます。ケプラヴィーク国際空港は、レイキャヴィーク中心部の南西約48kmの場所にあります。
アイスランド国内では、アイスランド航空の子会社エアー・アイスランド(AIR ICELAND)がレイキャヴィークとアークレイリをはじめとするいくつかの路線を、イーグル・エアー(EAGLE AIR)がレイキャヴィーク〜ホフン線を中心にいくつかの路線を就航しています。

鉄道

アイスランドに鉄道はありません。

バス

アイスランド国内に鉄道がないため、移動はバスになります。レイキャヴィーク・エクスカーションズ社(Reykjavik Excursions)、SBA-ノルズルレイズ社(SBA-Nordurleid)、TREX社が各地へ長距離バスを運行しています。夏季にはバスパスポート(バス周遊券)が販売されるので、個人で国内をまわりたい方に便利。

ケプラヴィーク国際空港からレイキャヴィーク市内への移動は、レイキャヴィーク・エクスカーションズ社が運行する空港バス(flybus)で、レイキャヴィーク空港(国内線等)の近くにあるBSIバスターミナルまで所要40〜50分。空港バスはすべての到着便に合わせて運行されています。その後、運転手または係員が滞在予定のホテル名を乗客に聞き、各シャトルバスが向かうホテルを伝えるので、必要な場合はそれに従ってシャトルバスに乗り移動します。バスのチケットはBSI行き、レイキャヴィーク市内のホテル行きの2種類で、片道と往復(割引あり)が選べます。往復の場合は復路利用日の前日までに、ホテルのフロントに空港バスの予約が必要です。

レイキャヴィーク市内のバス(Straeto)はおつりが出ないので、現金の1回乗車で利用する場合はピッタリの小銭を用意しましょう。利用方法は変わることがありますので、ご旅行の際に現地のツーリストインフォメーションセンターやバスステーションでご確認ください。チケットは回数券や夏季のみ販売される1日券・3日券、市内路線バスが乗り放題になるレイキャヴィーク・ウェルカムカード(下記参照)などもあるので、利用頻度に合わせて購入すると良いでしょう。

〜レイキャヴィーク・ウェルカムカードとは〜

レイキャヴィーク市内すべての市民温泉プールの利用が無料、博物館や動物園などのいくつかの施設の入場が無料、市内路線バスが乗り放題、対象ショップやレストランでの割引など、色々な特典のあるお得なカードです。24時間・48時間・72時間有効の3種類あり、市内にあるツーリストインフォメーションセンター、BSIバスターミナル、主要ホテルで購入が可能です。

フェリーのスミリルライン(Smyiril line)が東アイスランドのセイジスフィヨルズル(Seydisfjordur)とフェロー諸島を結んでいます。また、デンマークのハンストホルム(Hanstholm)へも運航しています。
そのほか、アイスランド北西部のスティッキスホルムル(Stykkisholmur)とフラトエイ島(Flatey)とブリャゥンスライクル(Brjanslaekur)間を結ぶブレイザフィヨルズ湾を横断するフェリーや、レイキャヴィークの南東にあるソルラゥクスホプン(Þorlákshöfn)とウエストマン諸島(Vestmannaeyjar)間を結ぶフェリーもあります。
気軽に利用できるのはレイキャヴィークと世界平和を祈念するモニュメント「イマジン・ピース・タワー」があるヴィーズエイ島(Videy)を結ぶフェリーで、乗船時間は5分ほどです。
運行スケジュールは季節により変わりますので、利用される場合は事前にご確認ください。

宿泊

宿泊施設事情

アイスランドの宿泊施設にはホテル、サマーホテル(下記参照)、ゲストハウス、ホステルのほか、レイキャヴィーク以外の地域では、ファームハウス等の農家が提供する宿泊施設があります。そのほか、キャンプ場や山小屋、サマーハウスのレンタルといったものも利用できます。夏季や年末年始、イースター期間などは予約がいっぱいになるので、日本で旅行代理店を通して予約したり、直接ホテルに連絡して申し込むなど、予めホテルを決めていかれた方が安心です。予約なしで訪れる場合は、ツーリストインフォメーションで有料で紹介を受けるなどの必要があります。
2011年現在、アイスランド国内のホテルのランク分けで5つ星に相当するものはありません。

4つ星ホテル
ホテルにより異なりますが、基本的にレストランがあり(ない場合はすぐ近くにあります)、各部屋にはくつろげる椅子、電話、リモコン付きテレビ、衛星放送等が設置されています。サービスでは、ルームサービス、クリーニングサービス等があります。

3つ星ホテル
部屋にはバスルーム、テレビ、机等がついています。ホテルによってはレセプション付近で飲み物やスナック、ポストカードなどが購入できます。

2つ星ホテル
ほとんどの部屋にバスルームは付いていますが、共同の場合もあります。ホテルによっては朝食ルームがあり、レセプション付近で飲み物やスナックなどが購入できます。

1つ星ホテル
全ての部屋に洗面台はついていますが、バスルームは共同。

ファームハウス
基本的にはホストである農家のお宅に宿泊。部屋はシンプルですが清潔です。Icelandic Farm Holidays がチェーン展開しており、ほかにもカントリーホテル、ファーマーズ・ゲストハウス、コテージといったタイプの宿泊施設を提供しています。寝袋で泊まれるところもあります。

サマーホテル
学校の寄宿舎を夏休みの期間のみホテルとして開放。Hotel Edda がチェーン展開しています。

ゲストハウス
日本の民宿のようなもの。館内にレストランなどの施設はなく、多くはシャワー・トイレ共同。

ホステル
アイスランドには約36ヵ所(2011年現在)のホステルがあります。年齢制限はなく、会員でなくても利用できます。主に1部屋2〜6名利用(8〜10名用もあり)で、プライベートルーム、ファミリー用、相部屋タイプがあります。枕と布団は提供されますが、ベッドリネンはレンタルまたは持参。タオルや石鹸などのアメニティも用意されていないので持参になります。宿泊者用にキッチンが備えてあるので、自炊ができます。各種ツアーも取り扱っています。

アイスランドの味

特色

島国であるアイスランドは漁場に恵まれているため、タラ、サーモン、オヒョウ、アンコウ、帆立、鱒などの新鮮な魚介類がいただけます。特にロブスターと呼ばれている手長エビ(アカザエビ)がこの国の名物です。
肉料理では、アイスランド産のラム肉(子羊の肉)の料理が好まれています。香草を食べて育った子羊を使っているので、柔らかく臭みが少ないのが特徴です。アイスランドならではのものと言えば、ウエストマン諸島に飛来する鳥パフィン(和名はニシツノメドリ)の肉を使った料理。
また厳しい自然のため、燻製や干物などの保存食が発達し、伝統料理(下記参照)となっています。1月中旬から2月中旬頃の北欧の旧暦でいうソーリ [Þorri] の月にあたる期間にソーラブロート [Þorrablót] という祝宴があり、その際にソーリの食べ物という意味の伝統料理ソーラマトゥル [Þorramatur] が食べられています。

料理

上記のように、アイスランド料理といえば、現地でロブスターと呼ばれている手長エビ(アカザエビ)、ラム肉を使った料理が素材も良く好まれています。また、アイスランドならではの食材パフィン(ニシツノメドリ)の肉は、燻製などにして食べられています。
アイスランドで最も伝統的な料理のラム肉の燻製ハンギキョート [Hangikjöt]、香辛料をまぶしたタラなどのドライフィッシュ(干物)ハルズフィスクール [Hardfiskur]、今では珍しくなった料理で、サメ肉を何週間も塩漬けにして陰干ししたケーストゥル・ハウカール [Kæstur hakarl]、羊の血と脂身を使ったブラッドソーセージのブロウズミョール [Broðmór]、羊の頭の燻製スヴィズ [Svíð]、羊の頭を丸ごと時間をかけて煮込んだスマーラホーブ [Smálahóve] などがソーラマトゥルでもある代表的な伝統料理です。普段は一般的なレストランのメニューにはありませんが、ソーリの月の期間のみ、多くのレストランがソーラマトゥルをビュッフェ形式で提供します。また、ハンギキョート、スヴィズなどはスーパーマーケット等で購入することができます。

デザート

アイスランドではスキ-ル [Skyr] というチーズとヨーグルトの中間のような低脂肪、高タンパク、高カルシウムの乳製品があり人気です。

レストラン

以前は非常に物価が高く、レストランで食事をするとびっくりするような金額でしたが、2008年の経済危機以降、円高の影響もあって利用しやすくなりました。色々な国の料理の店があり、新鮮なシーフードが味わえるアイスランドでは寿司も食べられます。目安として、レストランのディナーで前菜はISK 2,000、メインISK 3,500〜5,000(ロブスターなら6,000)、デザートISK 1,500ぐらいです。カフェは多く、パスタやサンドゥイッチ、ハンバーガーのプレート等を注文する場合はISK 1,500〜2,000前後。安く済ませたいなら、屋台のホットドックがISK 250〜300前後で買えます。クリントン元大統領も訪れたという有名なホットドックの屋台がレイキャヴィークの港近くにあります。

ホテルの朝食

アイスランドのホテルの多くは、宿泊代金に朝食代が含まれています。パン、シリアル、ジュース、コーヒーなどの飲み物のほか、ハムやサラミ、スモークサーモン、チーズ、ヨーグルトなどが並ぶビュッフェ形式が一般的。アイスランド名物の乳製品スキールが出ることも多いので、是非お試しください。ランクの良いホテルでは、温かい卵料理やベーコン、ソーセージなども用意されます。

アルコール類

アイスランドでの酒類の販売は、アルコール2.5%以下のビールと一部の低アルコール飲料を除いて、専売所(VIN BUD)でのみとなります。

ビール

アルコール2.5%以下のライトビールはスーパーマーケット等でも購入できます。代表的な銘柄はヴァイキン(Viking)とエギール(Egils)。

アイスランドのお酒なら、ジャガイモからつくられる蒸留酒にアニスで香り付けしたブレニヴィン(BRANNIVIN)と溶岩でろ過してつくられるウォッカのレイカ(REYKA)。

お土産

牧羊が盛んなのでウール製品がおすすめです。アイスランドのウールは高品質で、長い外毛とやわらかな内毛の2種の羊毛で編み上げられるため、軽くて暖かいのが特徴。特にセーターが人気です。また、アイスランドに飛来する海鳥のパフィン(ニシツノメドリ)やヴァイキングのグッズはたくさん売られています。占いなどに興味のある方なら、古代北欧で使われていたルーン文字のアクセサリーや小物はいかがでしょうか。ルーンには一文字ごとに意味があります。そのほか、食料品ではタラなどのドライフィッシュ、アイスランド産チーズ、スモークサーモン、キャビア(チョウザメではなくランプフィッシュの卵)など、お酒ならブレニヴィン(BRANNIVIN)やレイカ(REYKA)、化粧品類ならブルーラグーンのスキンケア用品などがアイスランドの特徴あるお土産です。
アイスランド発のブランドといえば、アウトドアウェア中心の66°NORTHが人気。ジュエリーブランドのアウルム(aurum)はアイスランド国内で大変人気があります。アイスランドの草花や蝶など自然の一部をモチーフにしたスタイリッシュ且つ優美なデザインが素敵です。

アイスランドは税金が高いので、免税店や「TAX FREE」のマークのあるお店で購入して、払い戻し手続きをすることをおすすめします。ただし1回の買い物(レシート1枚につき)の合計金額がISK 4,000以上の場合のみの適用となります。

このページのトップへ


24時間オンライン予約 TARGET

世界各国のホテル検索・予約が可能。24時間、365日、空室のあるホテルがすぐ にわかるオンラインサイト。

アラモレンタカー

ハワイのオススメ!格安レンタカーはアラモレンタカー、安いアラモレンタカーはASKにお任せ!

AIUの海外旅行保険

AIU保険会社のサイトへジャンプします。

エイチ・エス損保 海外旅行保険

見知らぬ土地での突然のアクシデント!そんなときに、現地サービスがあなたの心強い味方になります。


海外行くならイモトのWiFi

海外行くならイモトのWiFiがおすすめ!
最短10秒でインターネットにつながる!端末レンタル代無料!定額料金で安心!

海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ

海外旅行準備・持ち物ガイド!初めての
海外旅行に役立つ情報や海外旅行経験者
でも知らない現地特派員情報もご紹介!

外務省海外安全情報

外務省海外安全相談センターによる渡航情報。安全な渡航・滞在のために必要な情報を各国・地域別に掲載。

キャンピングカーで自由気まま旅 inアメリカ

アメリカでキャンピングカーをレンタル モデルプランやお見積りなどレンタル 専門店「エルモンテRV」のご紹介!