スウェーデンのランプシェードと雑貨ショップ「シェーナ」

シンプルで豊かなスウェーデンの雑貨。スウェーデンから直輸入した北欧の一般の家庭の生活を彩る雑貨をご案内

海外おみやげ宅配サービス

旅行前に注文したお土産が、帰国に合わせて宅配される便利なサービス。旅行されなくともギフトやご自宅用など幅広く利用可能。

各国基本情報

ノルウェー旅行情報 (2011年12月更新)

パスポート(旅券)とビザ(査証)

トロムソ風景

観光目的の場合、シェンゲン協定加盟国内での滞在日数の合計が6ヵ月間で90日以内なら、ビザは不要ありません。
パスポートの残存期間は、入国時に滞在日数以上必要です。
※他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合は、訪問国の残存期間にもご注意ください。

<シェンゲン協定加盟国(2011年2月現在、25カ国)>
アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ

持ち込み制限

アルコールの持ち込み

スピリッツ(酒)1リットルと度数が22%以下のアルコール1.5リットル、度数が22%以下のアルコール3リットル、ビール5リットルのいずれかを免税で持ち込めます。(18歳以上、22%以上のアルコールは20歳以上)

タバコの持ち込み

紙巻タバコ200本、又は刻みタバコ250グラムと巻紙200枚のいずれかを免税で持ち込めます。(18歳以上)

通貨の持ち込み

25,000ノルウェー・クローネ相当の通貨まで可能です。出国時も25,000ノルウェー・クローネ相当の通貨まで。それ以上は持込・両替証明が必要です。

その他

肉類及び乳製品は制限があります。
麻薬、アルコール度数60%超の酒類、花火、動物等は持ち込み禁止です。
土産品は3,000〜6,000ノルウェー・クローネ相当まで可能です。(タバコ、酒類を除く)

時差

日本時間よりマイナス8時間。(遅くなります。)サマータイム(夏時間)実施中の時差はマイナス7時間です。
※サマータイム実施期間は毎年3月最終日曜日〜10月最終日曜日です。

通貨と両替

通貨単位はノルウェー・クローネ(Krone)、複数はクローネル(Kroner)。国際表示における略称はNOKですが、国内ではkrです。補助単位としてオーレ(Ore)があります。1 NOK=100Ore。紙幣は 50、100、200、500、1000 NOK の5種類、硬貨は50Ore、1、5、10、20 NOK の5種類があります。
※現金における日本円との換算率 1 NOK=15.5〜16円前後(2011年12月1日現在)
両替は、銀行のほか、空港や市内の両替所などで可能です。銀行の営業時間の目安は月〜水・金曜8:15〜15:30、木曜8:15〜17:30。土・日曜休業。

チップ

通常、サービス料は料金に含まれているため、チップを渡す習慣はありません。レストランでサービス料が含まれていない場合は、食事代の10%程度のチップを渡してあげましょう。また、何かを依頼したり、特別に良いサービスを受けたりした場合には、お礼としてチップを渡しても良いでしょう。タクシーでは料金の端数分を繰り上げて支払うことは良くあります。大きな荷物の上げ下ろしを手伝ってもらった時にも、数クローネ渡すことがあります。

言語

公用語はノルウェー語ですが、ほとんどの人が英語も話します。

電圧とプラグ

電圧は220V、50Hz。日本から電気製品を持参する場合は、ACアダプターや充電器の仕様を確認しましょう。最近(2011年12月現在)のデジタルカメラの充電器には変圧機能があるので、変圧器の必要はありません。ただし、古い携帯電話やドライヤーは海外対応でない場合が多いので、変圧器が必要です。可能なら、変圧機能を備えたもの(海外対応のもの)を揃えて持参した方が良いでしょう。
※2005年移行に販売された多くの携帯電話に付属する充電器は、240Vまでの電圧に対応しています。
プラグはB,Cタイプ。日本はAタイプなので、変換プラグが必要となります。

旅行シーズン

ベストシーズンは夏にあたる6〜8月上旬。南部のオスロは30度ぐらいまで気温が上がりますが、湿度が少なく過ごしやすいです。朝晩は冷えこみますので、長袖の上着等が必要です。北部はさらに厚着が必要になります。
オーロラ鑑賞なら9月中旬〜4月上旬。北部のトロムソやアルタが有名です。真夜中の太陽が見られるのは5月中旬〜7月下旬。ヨーロッパ最北端の岬ノールカップが鑑賞スポットです。フィヨルドクルーズは5〜9月がシーズンです。北極圏では冬は厳しくなりますが、沿岸を流れるメキシコ湾流のおかげで、緯度の割には比較的穏やかな気候です。四季もはっきり分かれています。

交通

国内の交通

ノルウェーは縦長なうえ、フィヨルドや湖、河が複雑に入り組んでいるため、北部へは飛行機・バス・フェリーを乗り継いでの移動が主流となります。その他の地方は、オスロから鉄道や長距離バスなどを組み合わせて行くことができます。

飛行機

成田国際空港からスカンジナビア航空(SK)がデンマーク・コペンハーゲン経由で、成田国際空港と関西国際空港と中部国際空港からフィンランド航空(AY)がへルシンキ経由でオスロへ運航しています。飛行時間(乗継時間を除く)はおよそ12〜13時間。オスロの国際空港はガーデモエン空港で、市内中心から北東約47kmの場所にあります。
ノルウェー国内は、スカンジナビア航空や格安航空会社など数社が運航しており、首都オスロと地方空港を結んでいます。

鉄道

ノルウェー鉄道Norges Statsbaner(NSB)がオスロを中心に、北部のボードー、西部のベルゲン、南西部のスタヴァンゲルに向かう路線などを運行しています。列車にはインターシティ(IC)、急行 [ekspresstog] 、夜行 [nattog] 、普通 [persontog] があります。長距離列車の多くは、座席予約が必須。寝台も予約が必要です。
また、ソグネフィヨルド観光時に利用するフロム鉄道(Flamsbana Utvikling)は有名。ミュルダールとフロムの間の約20kmを結ぶ山岳鉄道で、急勾配の山道を約1時間かけて走ります。車窓から絶景が楽しめることでも人気です。

オスロ・ガーデモエン空港からオスロ市内への移動は、エアポート・エクスプレス・トレイン(Flytoget)でオスロ中央駅まで所要約20分です。また本数は少ないですが、ノルウェー鉄道の普通列車も利用できます。こちらの所要は約30〜40分。(空港バスはバスの欄を参照)
オスロ市内の移動はトラム(路面電車)が便利です。地下鉄は近郊へ行く時には便利ですが、市内中心部は駅が少なくあまり利用できません。チケットはトラム、地下鉄、市バスのすべて均一料金でゾーン制、1時間以内なら相互乗り換えが可能です。トラムやバスの運転手から購入することもできますが、自動券売機の方が割安。チケットは1回1ゾーンの乗車券のほか、1日券、7日間券、8枚つづりの回数券があります。オスロ・パス(下記参照)があれば、トラム、市バス、地下鉄、ノルウェー鉄道の一部のゾーンの運賃が無料です。

バス

ノルウェー・ブスイクスプレス社(NOR-WAY Bussekspress)が国内の長距離バスと国際線(国際バス)を運行しています。そのほか国際線は、ヨーロッパ各地を結ぶユーロラインズ(Eurolines)とスウェーデンのスウェブス社(Swebus)が首都オスロ等の間を運行しています。

オスロ・ガーデモエン空港からオスロ市内への移動は、SASエアポートバス(SAS Flybussen)が運行しており、中央駅の近くにあるオスロ・バスターミナルまで所要約40分。そのほか、系列ホテルなど数ヵ所に停車します。(鉄道は鉄道の欄を参照)
オスロ市内の市バスは発達しているので、乗りこなせれば便利です。バスの番号と乗り場を確認して乗りましょう。チケットはトラム、地下鉄、市バスのすべて均一料金でゾーン制、1時間以内なら相互乗り換えが可能。上記の鉄道の欄をご参照ください。

〜オスロ・パスとは〜

オスロ市内の美術館、博物館、観光スポットに無料で入場できます。市内を走るトラム、バス、地下鉄、ノルウェー鉄道の一部のゾーン等の公共交通機関や、市営駐車場、一部のプールも無料で利用できます。レンタカー、レンタルスキー、一部のレストランやショップなども割引になります。パスは24時間・ 48時間・72時間有効の3種類あり、観光案内所、主要ホテル、オスロ中央駅、キオスクなどで販売するほか、インターネットでも購入可能です。乗車開始の際に時間を刻印し、その時点からカウントする有効期限まで利用できます。

特にフィヨルド観光にはフェリーが欠かせません。ベルゲンとキルケネス間の雄大なフィヨルドの景観が続く西海岸を、途中寄港しながら12日かけて往復する定期運航船の沿岸急行船フッティルーテン(Huritgruten)は人気で、一年中運航しています。オスロとデンマーク・コペンハーゲンを所要約16.5時間、1泊2日で結ぶ豪華客船DFDSシーウェイズもあります。そのほか、オスロにはいくつかの国際フェリーが発着します。

宿泊

予約

各町の宿泊案内所で有料で紹介しています。公的機関によるホテルの等級、格付けはないので、日本と同様、料金によって判断します。長期滞在は割引になることも。

宿泊施設事情

ホテルの料金には朝食が含まれており、どのホテルにも朝食ルームはあります。高級・1級ホテルには夕食を出す本格的レストランがあるのがほとんどです。都会の中級以下のホテルには、夕食用レストランのないところが多いです。地方では、ホテルのレストランが村で唯一外食できる場所という場合が多く、エコノミーホテルでも夕食を出してくれるところもあります。

高級・上級ホテル
設備は建物の歴史にかかわらずかなりモダンなタイプが多く、部屋にはバスルーム、トイレ、エア・コンの設備があります。すべてのホテルとは限らないがバスタブが多く備わっているのはこのクラス。

中級ホテル
ホテルの設備は豪華ではありませんが、シンプルで快適。トイレ付。バスルームにはバスタブはなくシャワーブースのみのところが多い。

エコノミーホテル
駅近くの裏道や住宅街に多くあります。規模は小さく、部屋も狭く、寝るだけといった施設。バスタブはなく、安い部屋だとシャワーとトイレは共同。

ロルブー
ロフォーテン諸島にある昔の漁師小屋を宿泊用に改装した宿泊施設。まれに現在も漁師小屋として実際に使われているものもある。かつて漁師たちがタラを追って漁の合間に滞在した小屋のこと。

ユースホステル
全国に75のユースホステルがあり、その大部分は6月〜8月のみ営業。年齢制限はありません。ユースホステル教会に直接やインターネットより申込みする。

ノルウェイの味

特色

サーモンのほか、タラ、ニシン、オヒョウなどの白身魚や甘エビなどの新鮮なシーフードが味わえます。干ダラ、スペーケマート [Spekemat] という塩漬けの羊肉、ウナギの燻製 、山羊のチーズなどの保存食が特徴的。

料理

北国なので、体を温めるスープが美味しいです。中でも魚のスープ [fiskesuppe] は各地によって素材や作り方が異なり、色々な味が楽しめます。干ダラをトマトソースで煮込んだバカラオ [bacalao] は名物料理。そのほかの魚料理では、マス [orret] のムニエル、茹でたタラ [kokt torsk] 、8月〜9月にはザリガニ [kreps] も食卓に上ります。白身魚のすり身フィスケカーケ [fiskekake] は日本のはんぺんに似た食べ物で、一般家庭で良く食べられています。(フィスケプディング [fiskepudding]というものもあります。)
肉料理では、羊肉がもっとも好まれており、羊肉とキャベツをコンソメスープで煮込んだフォーリコール [farikal] は国民的家庭料理です。北極圏の食材では、トナカイ [reinsdyr] の肉がローストや煮込みなど色々な料理で、珍しいところでは、日本では特別天然記念物の雷鳥 [rype] がローストなどの料理で味わえます。

チーズ

バイキング時代からあり、「古いチーズ」という意味を持つガンメルオスト [gammelost] はこの国独特のものです。ノルウェー産のチーズで代表的なのは、ヤールスバーグ [Jarlsberg] 。スイスを代表するチーズ、エメンタールを研究・改良して作られたハードチーズですが、マイルドな味で食べやすく、加熱すると風味が増します。また山羊のチーズも有名で、ノルウェー独自のものとしてはヤイトオスト(イエトオスト)[geitost] 。やや甘味のあるブラウンチーズでくせがあります。山羊乳と牛乳を混ぜて作られる、キャラメルのような色と甘みのグブランスダールオスト [Gudbrandsdalost] もノルウェーならでは。ヤイトオストもグブランスダールオストも薄くスライスしていただきます。

スイーツ

ノルウェーの代表的なデザートはライスクリーム [riskrem]。お米を牛乳で煮たものに生クリームを混ぜて、ベリー系のソースをかけていただきます。ケーキでは、たっぷりのカスタードクリームをパイ生地でサンドしたナポレオンケーキやマジパンで包んだケーキが一般的。ノルウェー独特のものでは、「世界で一番のケーキ」 [verdensbestekake](または [kverfjordkake])。スポンジとメレンゲのケーキにクリームを挟んだものです。お祝いの席などで振舞われる伝統料理のロンメグロット [rommegrot] はサワークリームに小麦粉、砂糖、シナモンなどをまぜて煮たお粥で、最近では良く食べられています。フラットブレッドやサラミなどのドライミートが添えられます。そのほか、アーモンド粉とメレンゲなどを混ぜて作られたリング状のマカロンのようなのものを18段重ねたケーキのクランセカーケ [kransekake] や、クレープのようなものを焼いて巻いたクルムカーケ [krumkake] はクリスマスの時などに食べられる伝統的なお菓子です。また、ノルウェーの人はおやつにワッフルを良く食べます。果物では、高級品の木イチゴの一種であるクラウドベリー(ホロムイイチゴ) [multer]、イチゴ [jordbar] が人気。

レストラン

北欧は物価が高いので、レストランも割高になります。さらに、給仕のいるレストランで食べると15%のサービス料が加算されます。多くの中級以上のホテルにはレストランがあります。
安く済ませたいなら、セルフサービスのカフェテリアやショッピングモールにあるフードコート、屋台や露店を利用すると良いでしょう。また、カフェには軽食も用意されているので、そちらを利用するのもおすすめです。ノルウェーはコーヒー好きな人が多く、オスロ市内にはカフェがたくさんあります。

ホテルの朝食

中級以上のホテルはオープンサンドウィッチ [smorrbrod] をベースとしたビュッフェ式がほとんどで、酢漬けのニシン、ハム、サラミ、卵料理、チーズ、そしてパン、コーヒー、紅茶、牛乳、ジュースなどがずらりと台の上に並んでいます。

飲み物

ノルウェーは酒類販売に関する規制が厳しい国のひとつで、許可を得たバーやレストラン、ホテルでなければ飲酒ができません。また、ワイン、ビール以外のお酒は、酒類専売所 [Vinmonopolet] 以外では購入できません。

ドリンク類

おすすめは牛乳とフルーツのジュースです。また、ノルウェーの多くの人がコーヒーを好みます。

ビール

ノルウェーの人はビールを良く飲みます。ブリッグ [brigg] が最もアルコールが弱くて安く、次がピルス [pils] 、日本のビール程度のものは最も強いスタークエール [starkol] で値段も高くなります。ノルウェーで有名なのは、トロムソにある世界最北端のビール工場で作られるマックビール [Mack Beer]です。

"生命の水"を意味するラテン語に由来するアーケヴィット [akevitt]。ジャガイモを主原料とする蒸留酒で、スウェーデンのアクァヴィット [aquavit] (別名スナップス [snaps] )と同じです。アルコール度が約40度と高く、瓶ごと冷やして、小さなグラスでいただきます。ノルウェーで有名な銘柄はリニエ [Linie]。樽熟成されています。

お土産

雪の結晶やトナカイなどの模様が編み込まれたノルウェーセーター(ノルディックセーター)が有名です。そのほか、森と妖精に敬意を払う人には富と幸運をもたらすといわれているトロール人形や、日本でも人気のある北欧デザインの雑貨など。また、バイキングやサーメの伝統的な模様をモチーフにしたシルバーアクセサリーも素敵です。食料品ならなんといってもスモークサーモン。

このページのトップへ


24時間オンライン予約 TARGET

世界各国のホテル検索・予約が可能。24時間、365日、空室のあるホテルがすぐ にわかるオンラインサイト。

アラモレンタカー

ハワイのオススメ!格安レンタカーはアラモレンタカー、安いアラモレンタカーはASKにお任せ!

AIUの海外旅行保険

AIU保険会社のサイトへジャンプします。

エイチ・エス損保 海外旅行保険

見知らぬ土地での突然のアクシデント!そんなときに、現地サービスがあなたの心強い味方になります。


海外行くならイモトのWiFi

海外行くならイモトのWiFiがおすすめ!
最短10秒でインターネットにつながる!端末レンタル代無料!定額料金で安心!

海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ

海外旅行準備・持ち物ガイド!初めての
海外旅行に役立つ情報や海外旅行経験者
でも知らない現地特派員情報もご紹介!

外務省海外安全情報

外務省海外安全相談センターによる渡航情報。安全な渡航・滞在のために必要な情報を各国・地域別に掲載。

キャンピングカーで自由気まま旅 inアメリカ

アメリカでキャンピングカーをレンタル モデルプランやお見積りなどレンタル 専門店「エルモンテRV」のご紹介!