スウェーデンのランプシェードと雑貨ショップ「シェーナ」

シンプルで豊かなスウェーデンの雑貨。スウェーデンから直輸入した北欧の一般の家庭の生活を彩る雑貨をご案内

海外おみやげ宅配サービス

旅行前に注文したお土産が、帰国に合わせて宅配される便利なサービス。旅行されなくともギフトやご自宅用など幅広く利用可能。

オーロラを見る

オーロラを撮影しよう

オーロラを普通のカメラで撮影したい!!

カメラ

バルブの付いたカメラもしくは、30秒位露出可能なカメラ。または、機械式シャッター式カメラ。電池式シャッターは、低音時、電池のパワーが下がるため、シャッターが下りない場合もあります。

レンズ

魚眼レンズもしくは、広角の明るいレンズを使用しましょう。オーロラは、その出現のスケールが大きいため、ワイド系のレンズが好ましいようです。オーロラは、肉眼で見るときよりも、実際は暗いので明るめのレンズが好ましい。

三脚

長時間、露光するため、ブレが出ないように三脚が必要です。レリーズ  カメラブレがないように、シャッターボタンに取り付けて使用。レリーズの取り付けができない場合は、リモコンを使用。

フィルム

ISO400、ISO1600、ISO3200などの高感度フィルムがおすすめです。

デジタルカメラ

大口径で明るいレンズ、長時間露出でもノイズを軽減する機能付をおすすめします。

撮影の手順

  • カメラを三脚の雲台に固定。レリーズをセット。シャッタースピードをバルブもしくは、タイムにセット。ピントは無限大に。
  • 絞りリングは開放値より一絞りぐらい絞り、ピントリングと絞りリングが動かないようにマスキングテープなどで固定。
  • フレームが決まったらクランプを絞めて固定。

撮影のためのヒント

  • カメラを一度、外に出したら、撮影を終了するまでは、温かい屋内には持ち込まないで。温度差で生じた結露が、再び外に出すことで凍結しカメラが使えなくなってしまうことも。
  • カメラの凍結と電池の劣化を防ぐため、屋外では布にくるむなど保温の工夫をするとよいでしょう。
  • 静電気でフィルムに青キズが着くこともあるので、フィルムを巻くときは静かに。

このページのトップ