スウェーデンのランプシェードと雑貨ショップ「シェーナ」

シンプルで豊かなスウェーデンの雑貨。スウェーデンから直輸入した北欧の一般の家庭の生活を彩る雑貨をご案内

海外おみやげ宅配サービス

旅行前に注文したお土産が、帰国に合わせて宅配される便利なサービス。旅行されなくともギフトやご自宅用など幅広く利用可能。

各国基本情報

スウェーデン旅行情報 (2011年12月更新)

パスポート(旅券)とビザ(査証)

ストックホルム市庁舎前のメーラレン湖

観光目的の場合、シェンゲン協定加盟国内での滞在日数の合計が6ヵ月間で90日以内なら、ビザは不要ありません。
パスポートの残存期間は、スウェーデンのみに渡航する場合は、入国時に滞在日数以上必要。他国も訪問する場合、残存期間はすべての訪問国の条件を満たすことが必要です。

<シェンゲン協定加盟国(2011年2月現在、25カ国)>
アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ

持ち込み制限

アルコールの持ち込み

スピリッツ(酒)1リットルとワイン2リットル、又はワイン4リットル、ビール16リットルのいずれかを免税で持ち込めます。(20歳以上)

タバコの持ち込み

紙巻タバコ200本、細巻の葉巻100本、葉巻50本、刻みタバコ250グラムのいずれかを免税で持ち込めます。(18歳以上)

通貨の持ち込み

1万ユーロ相当の通貨まで可能です。出国時は1万ユーロ相当以上(外貨,T/C含む)は申告が必要です。

その他

肉類及び乳製品は証明書類が必要となります。
動物、火薬などは持ち込み禁止です。
土産品は3,000スウェーデン・クローナ相当(陸路の場合)、4,300スウェーデン・クローナ相当(空路及び海路入国の場合)まで可能です。

時差

日本時間よりマイナス8時間。(遅くなります。)サマータイム(夏時間)実施中の時差はマイナス7時間です。
※サマータイム実施期間は毎年3月最終日曜日〜10月最終日曜日です。

通貨と両替

通貨単位はスウェーデン・クローナ(Krona)、複数はクローノル(Kronor)。国際表示における略称はSEKですが、国内ではkrです。補助単位としてオーレ(Ore)がありますが、2010年10月に50オーレ硬貨が廃止になり、硬貨では使用されていません。1 SEK=100Ore。紙幣は 20、50、100、500、1000 SEK の5種類、硬貨は 1、5、10 SEK の3種類あります。スウェーデンはEUに加盟していますが、2011年現在、ユーロは導入していません。
※現金における日本円との換算率 1 SEK=14円前後(2011年12月1日現在)
両替は、銀行のほか、空港や市内の両替所などで可能です。銀行の営業時間の目安は月〜水・金曜9:30〜15:00、木曜10:00〜16:00/17:30(ストックホルムは〜18:00あり)。土・日曜休業。

チップ

通常、サービス料は料金に含まれているため、チップを渡す習慣はありません。レストランでサービス料が含まれていない場合は、食事代の10%程度のチップを渡してあげましょう。また、何かを依頼したり、特別に良いサービスを受けたりした場合には、お礼としてチップを渡しても良いでしょう。タクシーでは料金の端数分を繰り上げて支払うことは良くあります。大きな荷物の上げ下ろしを手伝ってもらった時にも、数クローナ渡すことがあります。

言語

公用語はスウェーデン語ですが、ほとんどの人が英語も話します。

電圧とプラグ

電圧は220V、50Hz。日本から電気製品を持参する場合は、ACアダプターや充電器の仕様を確認しましょう。最近(2011年12月現在)のデジタルカメラの充電器には変圧機能があるので、変圧器の必要はありません。ただし、古い携帯電話やドライヤーは海外対応でない場合が多いので、変圧器が必要です。可能なら、変圧機能を備えたもの(海外対応のもの)を揃えて持参した方が良いでしょう。
※2005年移行に販売された多くの携帯電話に付属する充電器は、240Vまでの電圧に対応しています。 プラグはB,C,(SE)タイプ。日本はAタイプなので、変換プラグが必要となります。

旅行シーズン

ベストシーズンは夏にあたる6〜7月で、気温はそれほど高くなく、過ごしやすいです。天気が変わりやすいので、雨具と長袖の薄手の上着等が必要になります。

交通

飛行機

成田国際空港からスカンジナビア航空(SK)がデンマーク・コペンハーゲン経由で、成田国際空港と関西国際空港と中部国際空港からフィンランド航空(AY)がヘルシンキ経由でストックホルムへ運航しています。飛行時間はおよそ12〜14時間。ストックホルムの国際空港はアーランダ空港で、市内中心から北へ約42kmの場所にあります。
スウェーデン国内は、スカンジナビア航空と格安航空会社など数社が運航しており、そのほとんどがストックホルムを起点として各地方を結んでいます。

鉄道

スウェーデン鉄道Statens Järnvägar(SJ または SJ AB)が南部を中心に広く路線を持つほか、私鉄等がいくつかあります。スウェーデン鉄道の主な列車は、国際路線もある高速列(X2000)、主要都市間を結ぶ急行列車インターシティー(InterCity・IC)、近・中距離列車レギオナル(Regional)などです。夜行列車(Nattåget)もあります。

ストックホルム・アーランダ空港からストックホルム市内への移動は、アーランダ・エクスプレス・トレインでストックホルム中央駅まで所要約20分です。(空港バスはバスの欄を参照)
ストックホルム市内の地下鉄はSL社(Storstockholms Lokaltrafik)が運営しており、発達しているので便利です。
トラム(路面電車)は、SL社がセルゲル広場とユールゴーデン島を結ぶ7号線を運行するほか、ノルマルム広場(Norrmalmstorg)と同じくユールゴーデン島を結ぶユールゴーデンライン(Djurgårdslinjen/ミュージアム線)が7N号線を運行。7N号線では、6月末ぐらいから8月中旬ぐらいまで毎日、それ以外の4月頭ぐらいから12月中旬ぐらいまでの土・日・祝日の昼間に、カフェ・トラムも走ります。カフェ・トラムの運賃にはコーヒーまたは紅茶1杯と菓子パン1つの代金が含まれます。期間は年毎に変わりますのでご注意ください。
チケットは、トラムの7N号線を除いて、SL社が運営する地下鉄、トラム、市バスでは共通。A・B・Cの3つのゾーン制で、利用開始から1時間の有効期限内は乗り換え自由のチケットのほか、16枚綴りの回数券、24時間・72時間・7日間有効のトラベルカードもあります。ストックホルム・カード(下記参照)があれば、期間内の地下鉄、市バス、トラムなどが無料です。

バス

スウェブス社(Swebus)が中・長距離バスを運行しており、国内の各都市を結ぶほか、デンマーク・コペンハーゲンやノルウェー・オスロ、ドイツ・ベルリンなどを結ぶ国際路線も有します。そのほか、同じく全国に路線を持つスヴェンスカ・ブス社(Svenska Buss)、北部を中心に路線を持つユーブス社(Ybuss)などがあります。鉄道よりも割安で利用できます。
国際バス(国際線のバス)は、ヨーロッパ各地を結ぶユーロラインズ(Eurolines)が主要都市へ運行しています。ストックホルムでは、中央駅に隣接するシティ・ターミナルに発着します。

ストックホルム・アーランダ空港からストックホルム市内への移動は、空港バスでシティ・ターミナルまで所要約40分です。(鉄道等は鉄道の欄を参照) ストックホルム市内の市バス(SL社運営)は網の目のように走っているので乗りこなせると便利ですが、旅行者には難しいため、歩いて行けない範囲は地下鉄を利用する方が安心です。市バスを利用する場合、チケットは運転手から購入できないので事前に購入が必要です。チケットは同じくSL社が運営する地下鉄、トラムと共通。上記の鉄道地下鉄の欄をご参照ください。

〜ストックホルム・カードとは〜

ストックホルム市内と近郊の70ヵ所以上の観光スポットへの入場が無料になるほか、市内観光バス、地下鉄、バス、トラム、近郊の電車やメーター式の公営パーキングも無料になるカードです。入場の際に提示するだけなので、とても簡単です。24時間・ 48時間・72時間・120時間有効の4種類があります。観光案内所、空港、主要駅などで販売しており、初回使用時に日付と時間のスタンプが押されます。

バルト海を航行する豪華客船(フェリー)のタリンク・シリヤラインとバイキングラインが、ストックホルムとフィンランドのヘルシンキをメインに結んでおり、人気があります。タリンク・シリヤラインは、エストニアのタリンやラトビアのリガへも就航しています。

宿泊

予約

中級以上のホテルは日本の旅行代理店を通じ、その他は施設に直接連絡すれば予約できます。予約なしに到着した場合は、観光案内所や宿泊案内所で予約が可能ですが手数料が必要です。表示料金は税金とサービス料を含んでいるが、朝食はホテルによります。

宿泊施設事情

スウェーデンの宿泊施設は、ホテル、モーテル、サマーホテル、民宿、ユースホステル、貸別荘、キャンプ場など多種にわたります。いずれの施設も夏季は混雑するので予約が必要です。冬季はかなりの施設が閉鎖するので注意。
バスルームには北欧の生活習慣からバスタブ(浴槽)がなくシャワーのみホテルが多く、バスタブ付のホテルがあっても部屋数が少ないなどで、期待はできない。そのかわり上級以上のホテルにホテルの共同のサウナがついていることが多く、サウナが無料で利用できるホテルもある。

高級ホテル

設備は機能的で使いやすく、サウナ、室内プール、レストラン、バーなどの付属施設があります。部屋はバスルーム、トイレ、冷暖房完備。

上級ホテル

大型ホテルから50室前後のホテルがあります。ホテルによって設備やアメニティに差があり、また北欧らしいデザインのインテリアや内装が多いのはこのクラス以上のホテルに多く。北欧のビジネスマンによく利用されます。

中級ホテル

中規模のものが多く、シャワー付きがほとんどです。合理性、経済性重視のホテルで、アメニティは必用最小限ものしかありません。比較的安く泊まりたいツーリストや北欧の人々のビジネス旅行によく利用されます。

エコノミーホテル

部屋数10〜30室程度の小規模の宿で、駅の近くや下町に多くあります。シャワー、トイレも室外の廊下に設置されている場合がほとんどです。経済的旅行者に根強い人気があり、家族的な雰囲気。

ユースホステル

スウェーデンには、約316ヵ所(2011年10月現在)のユースホステルがあります。年齢制限はなく、会員外でも利用できます。大都会以外のホステルは6月〜8月のみ開業。

スウェーデンの味

名物料理 スモーガスボード [smorgasbord]

ビュッフェ式の料理で、日本ではヴァイキング料理の名でも知られているのがスモーガスボードです。食べ方は、まずニシン料理から取り始めます。一度にたくさん取らず、少しずつお皿に盛り付けて、食べ終わったら別のお皿と、何度もお皿を替えていただきます。ニシンのあとはサーモンや小エビなどの冷たい魚料理、ハムやレバーペーストなどの冷たい肉料理、サラダ、温かい魚料理、温かい肉料理などと続き、最後にはデザートをどうぞ。

その他の料理

一年中食べられるのは小エビ [rakor]。8月になると漁が解禁になり、パーティーを行なうほどスウェーデン人が大好きなのがザリガニ [kraftor]。ハーブのディルと一緒に塩ゆでしていただきます。そして、スウェーデンの伝統料理といえばミートボール [kottbullar]。リンゴンベリー(コケモモ)のソースをつけて食べるのが一般的です。
スウェーデンでは、肉料理にジャムをつけて食べる習慣があります。もう一つの伝統料理が『ヤンソン氏の誘惑』[Janssons Frestelse]。変わった名前のこの料理は、ジャガイモとアンチョビを交互に重ねたグラタンのような料理で、地元の人たちにも大人気です。肉を口にしない敬虔なキリスト教徒のヤンソン氏でさえ、そのおいしそうな匂いにつられて思わずこっそり平らげてしまった、というのが名前の由来です。そのほかに、ニシン [sill] は酢漬け、オイル漬け、フライなどにされて食べられています。

スイーツ

スウェーデンの代表的なケーキがプリンセスケーキ(プリンセスタルト) [princesstarta]。クリームやラズベリージャムなどを挟んだスポンジケーキを薄い緑色のマジパンで包んだケーキです。また、イースターの時期限定ですが、セムラ [Semla] というパンの中にマジパンと生クリームが詰まったお菓子もあります。

レストラン

スウェーデン料理のレストランは旧市街に多く、メインは200〜300SEKぐらい。そのほか、各国料理レストランもあります。給仕サービスのレストランでは、15%のサービス料が加算されます。また、街のレストランやカフェテリア(セルフ式食堂)では、平日の昼食時にダーゲンス・レット [dagens ratt] という名の“今日の定食”を出します。値段が安めなので気軽に利用できます。カフェテリアは大型スーパーマーケットなどにもあります。

朝食

スウェーデン人の日常の食事は質素で、朝食はパンにジャムやチーズ、またはシリアルにヨーグルト、それにコーヒーやオレンジジュースなど。ホテルの朝食は、パンやデニッシュペストリー、シリアル、チーズ、ハムあるいはサラミ、そしてジュース、コーヒー、紅茶、ミルクといったものが並ぶビュッフェ式が一般的です。生野菜はほとんどありません。

スウェーデンの飲み物

ドリンク類

リンゴンベリー(コケモモ)のジュースや色々な味のヨーグルトドリンクがあります。また、赤ワインにスパイスと砂糖を入れたホットワインのグレッグ[Glögg] は、クリスマスシーズンに飲む伝統的な飲み物です。

ビール

アルコール度に準じてクラス分けされており、アルコール度1.8%の最も軽いのがレットエール [lattol]、日本人には普通ですが、スウェーデンでは強いとされているスタークエール [starkoll] などがあります。

"生命の水"を意味するラテン語に由来するアクァヴィット [aquavit] (別名スナップス [snaps] )と呼ばれる、ジャガイモを主原料とする蒸留酒があります。アルコール度が約40度と高いので、小さなグラスでいただきます。

お土産

日本でも人気のある北欧デザインの雑貨、世界的にも有名なコスタ・ボダやオレフォスなどのガラス製品、ダーラナ地方発祥の工芸品の木彫りの馬、サーメ(サーミ)のニット製品、食料品なら、ニシンの酢漬けやノーベル博物館で購入できるメダル型のチョコレートなどが、スウェーデンらしさを感じられるお土産でしょうか。
ストックホルム市内なら、ストゥーレプラン周辺やセルゲル広場周辺が賑やかなショッピングエリアで、比較的高級品が揃います。旧市街のガムラ・スタンでは、民芸品やアンティーク品、クリスタル製品などが購入できます。セーデルマルム島は若者に人気のエリアで、おしゃれなデザインのショップがたくさんあります。

このページのトップへ


24時間オンライン予約 TARGET

世界各国のホテル検索・予約が可能。24時間、365日、空室のあるホテルがすぐ にわかるオンラインサイト。

アラモレンタカー

ハワイのオススメ!格安レンタカーはアラモレンタカー、安いアラモレンタカーはASKにお任せ!

AIUの海外旅行保険

AIU保険会社のサイトへジャンプします。

エイチ・エス損保 海外旅行保険

見知らぬ土地での突然のアクシデント!そんなときに、現地サービスがあなたの心強い味方になります。


海外行くならイモトのWiFi

海外行くならイモトのWiFiがおすすめ!
最短10秒でインターネットにつながる!端末レンタル代無料!定額料金で安心!

海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ

海外旅行準備・持ち物ガイド!初めての
海外旅行に役立つ情報や海外旅行経験者
でも知らない現地特派員情報もご紹介!

外務省海外安全情報

外務省海外安全相談センターによる渡航情報。安全な渡航・滞在のために必要な情報を各国・地域別に掲載。

キャンピングカーで自由気まま旅 inアメリカ

アメリカでキャンピングカーをレンタル モデルプランやお見積りなどレンタル 専門店「エルモンテRV」のご紹介!